ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■普天間5年以内に停止を米高官、否定

 仲井真沖縄県知事は、名護市辺野古新基地建設の埋め立て工事を認めた際に、辺野古への「移設」前にも普天間飛行場を5年以内に運用停止することを日本政府が約束したと明言しました。
 ところが、ここにきて、日本政府側が米国に対して、その要請をしたのは、4月までで、それ以降要請すらしていないことが、防衛省の回答により明らかになりました。また、米国高官が、辺野古が完成し、駐留できるようにならなければ、普天間の運用も停止できないと語っていることも報道されています。
 仲井真知事は、どう弁明するのでしょうか。


2014/10/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved