ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■過去の問題

 今、沖縄・辺野古新基地建設に向けて、ボーリング調査が強行されています。それに反対する人々の反対抗議運動に対して、海上保安庁の対応がエスカレートしています。
 立ち入り禁止区域を示すフロート(浮き具)の内側に進入した人を排除する際にケガを負った人もあり、特別公務員暴行暴行陵虐罪で告訴がなされ、地検に受理される例もでています。その後は、法的根拠がないままフロートの外300メートル以内での排除を行いました。浅瀬部分が終わり、これから海底が深い部分の調査が始まります。
 菅官房長官は辺野古のことを「過去の問題」といいましたが、今現地で起きていることは、安倍政権の凶暴性を今の問題として如実に表しています。


2014/09/19


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved