ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■被爆者たちの集団的自衛権批判

 8月6日、広島で被爆者7団体が安倍首相との面会の際、集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を申し入れました。この被爆者たちの願いは、8月6日・9日の広島・長崎の平和式典での平和宣言にも反映させようという運動となり、長崎宣言では集団的自衛権に触れることになりました。この動きは安倍政権の「戦争する国」づくりに一石を投じることになるでしょう。


2014/08/09


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved