ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■政府による憲法解釈の変更

 憲法は「権力担当者に対する国民からの命令」です。その憲法の解釈が権力担当者しだいでどうにでもなるとなったら、もはやそれは憲法とはいえません。安倍政権による解釈変更が強行されたら、それは日本から憲法というものが消え失せることを意味するともいえるでしょう。


2014/05/19


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved