ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■河野談話の検証

 「慰安婦」問題に旧日本軍か関与していたことを認めた河野談話(1993年)を歴代政府は踏襲してきましたが、安倍政権がその検証に着手することを表明しました。さっそく元「慰安婦」や韓国政府が批判していますが、アジア諸国に対する侵略への反省にもとづく憲法の理念に反する動きとして、日本国民の認識が問われることになります。


2014/03/09


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved