ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■衆議院「1票の格差」高裁で相次ぐ違憲判決

 3月6日7日と、東京高裁・札幌高裁で、昨年12月の衆議院選挙の区割りを「違憲」とする判決が出ました。3月中にはこれからも各高裁・支部で同様の裁判の判決を迎えます。
 2009年の衆議院選挙に関して、最高裁が2011年に「違憲状態」と判断したにもかかわらず、それを是正する十分な期間があったにもかかわらず、そのまま選挙をおこなったことは、司法の判断を軽視したものとして「違憲」とされました。今回も選挙の無効を認められませんでしたが、違憲とされた選挙で選ばれた議員や国会に正当性があるのか強い疑問の声が上がっています。
 国会が速やかに選挙制度の改正を進めるために、世論の喚起が必要です。


2013/3/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved