ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■オスプレイ配備撤回などを要求し、沖縄の首長などが東京で行動

 1月27日、沖縄の市町村長や各議会の議長・議員など4000人がオスプレイ配備撤回や普天間基地の県内移設断念などを要求する集会とデモ行進を行いました。東京での要請行動では本土復帰以降最大規模です。
 日本の「平和」「安全」には憲法9条が大きな役割を果たしていますが、それは米軍基地とその危険性の負担という沖縄の犠牲の上に成り立っている、ということを日本国民は忘れてはなりません。


2013/1/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved