ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■東京都知事選での市民側統一候補

 衆議院選挙と同じ12月16日に投開票となる東京都知事選で市民側が統一候補を立てました。反貧困・脱原発の運動を進めてきた元日弁連会長を市民グループが擁立し、共産党・社民党が支持を決め、「国民の生活が第一」なども支持します。1970年代前半には各地で憲法擁護を掲げる社共統一候補が知事や市長に当選し、革新のうねりが広がりました。「右傾化」への反転攻勢が期待されます。


2012/11/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved