ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■日米地位協定

 先月米兵が集団女性暴行致傷事件を起こし、夜間外出禁止令が出されましたが、これも破られ、今度は住居侵入中学生傷害事件が起きました。沖縄県民の怒りは沸点に達しています。
 こうした事件が生まれる背景に、基地に逃げ込んだら日本の警察による逮捕を免れるなど、日米地位協定によって米兵に様々な特権が与えられていることもあるでしょう。そもそも密集地域に基地があること自体が問われます。憲法の平和的生存権は沖縄県民にも保障されなければなりません。


2012/11/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved