ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■憲法96条

 これまでの改憲論の焦点は9条の「改正」であり、それはこんにちも同様ですが、最近は96条の「改正」意見も出されています。それは憲法改正の発議の要件を、両院の総議員の3分の2以上から過半数に緩和しようとするものです。そこには、国家の基本となる憲法を法律並みに改正しやすくするねらいがあります。
 憲法「改正」を求めたいのであれば、圧倒的多数の支持を獲得する気で提起されるべきです。96条「改正」論者にその気概は感じられません。


2012/5/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved