ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■憲法9条と新党構想

民主党政権が行き詰まり、自民党への支持も伸びない状況で、橋下徹大阪市長が率いる「大阪維新の会」が「政策」を明らかにし、石原都知事や国民新党などが立ち上げようとしている新党の「政策」も明らかになってきています。そのいずれの「政策」も憲法を軽視・敵視するものとなっており、憲法9条の見直しも含まれています。
橋下徹氏は9条について「他人を助ける際に嫌なこと、危険なことはやらないという価値観。国民が9条を選ぶなら、僕は別のところに住もうと思う」と述べました(2月25日、毎日新聞)。
9条の意義についてあらためて一人ひとりの国民が再確認する時といえるでしょう。


2012/2/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved