ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■在日米軍再編見直し

2月8日、日米両政府は在日米軍再編のロードマップの見直しを発表しました。それは在沖縄海兵隊のグアムへの移転を普天間基地の辺野古への移設と切り離して先行実施することを柱としています。
今回の見直しは普天間基地の辺野古への移設に反対する住民の運動が反映していますが、一方で普天間基地の「固定化」「継続使用」が米側から伝えられるとの報告もあり、それは許されるものではありません。
日本政府が憲法の平和主義の考え方に立ち返り、軍事力によらない平和の実現を目指す立場で米国と交渉するよう世論を広げていかなければなりません。


2012/2/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved