ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■緊急事態条項

自民党が4月までにまとめようとしている憲法改正案に「緊急事態条項」が盛込まれる見通しとされています。「緊急事態条項」は武力攻撃やテロ、大規模な自然災害などを緊急事態と定義し、その際の首相の権限を大幅に強化し、国民の権利を制限するものです。
権力を持つものはいつも、なお一層自分の思い通りのことをしていきたいと考えるようになります。したがって人類は憲法というものをつくり、権力者の権力行使を制限してきたのです。
緊急事態条項の創設にはこうした人類の歴史を逆行させる危険性があります。強い警戒意識を持ち、多くの人々と考えていく時です。


2012/1/27


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved