ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■国旗国歌処分取消訴訟判決

国旗・国歌の強制に応じなかったことを理由に教職員が懲戒処分などを受けていた件で、1月16日、最高裁第1小法廷で判決が出されました。
それは戒告処分を妥当としたことなどの問題を残すものでしたが、重い処分を課すことには警鐘を発した点などは評価されるものでした。
思想・良心の自由の重要性については多くの国民が認識していますが、一方で、たとえば大阪では、国旗・国歌の強制の必要性を唱える知事・市長を国民が選んでしまう現状があります。
今回の判決を機にあらためて多くの人々と語り合いものです。


2012/1/19


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved