ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■米研究者ら、在沖縄海兵隊の県外移転「支障なし」

米シンクタンクの研究者らが、沖縄から海兵隊が移転しても戦略上問題ないとし、グアムなどへの移転を進めるべきとの論文を発表したと、10月5日、琉球新報が報じました。
この論文は普天間基地の県外・国外への移転を求める沖縄県民の粘り強い闘いと結合することによって日米政府を追い詰める可能性があります。
憲法の平和主義の考え方にもとづく闘いがいよいよ重要です。


2011/10/7


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved