ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■節電

東日本大震災による福島原発事故で電力がまかなえなくなる可能性があるとして、この夏は企業などに電力使用制限令が出されています。
一般家庭はその対象ではないのですが、この夏はいたるところで節電が叫ばれています。余計な電力を使わないように心がけること自体はいつでも大事ですが、世の中が必要以上に節電一色になり、熱中症による犠牲者などが出るような事態は避けなければなりません。
国民一人ひとりの命と健康、そして文化的な生活を保障するために定められている憲法の考え方から、物事を冷静に見ていきたいものです。


2011/8/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved