ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■オスプレイの安全性に問題あり、日本政府認める

照屋寛徳衆議院議員が質問主意書で米軍普天間基地に配備が計画されている垂直離着輸送機MV22オスプレイの安全性を問いました。
これに対して、政府は7月19日に、全エンジンの機能が作動しなくなった場合、安全な着陸に支障を来す可能性があるとする認識を示す答弁書を閣議決定しました。
オスプレイの普天間基地配備計画に関しては、嘉手納町議会が7月6日に、反対決議・意見書を全会一致で決議しています。
オスプレイはこれまで何度も墜落事故が発生し、乗務員などが死亡しています。住宅地に囲まれている普天間基地への配備は周辺住民をさらに危険にさらすことになります。


2011/7/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved