ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■自衛隊機墜落

7月5日、航空自衛隊那覇基地所属のFー15Jが東シナ海に墜落しました。
翁長雄志那覇市長は7日、那覇基地を訪れ、事故の原因究明と再発防止対策とその結果の公表を申し入れました。航空自衛隊機は、過去にも民間旅客機と衝突したり、墜落して一般市民を巻き込んだ事故を起こしており、これは決して沖縄だけの問題ではありません。
自衛隊機の事故の危険性もまた、厳しく検証されなければなりません。
この事故の重大性に比べ、その報道は少なく、東日本大震災の被災や原発事故の報道の影に隠れてしまいがちですが、注視していかなければならない事故です。


2011/7/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved