ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■東アジアと日米韓

 前原誠司外相は、2011年1月6日、(日本時間7日未明)、米国務省でクリントン国務長官と会談し、最近の日本の周辺事態に関連し、自衛隊と米軍の協力円滑化のための協議を加速させる方針などで合意したと報道されています。
 また、前原外相は、韓国訪問を控え、韓国との関係強化を匂わす発言をしています。
 日米や米韓の共同軍事訓練に韓国や日本の将校クラスが参加するなど三国の軍事面の「連携強化」は、北朝鮮への圧力を意図していますがますます朝鮮半島や東アジアの緊張を高めてしまうことが危惧されます。憲法の平和主義に基づく政策について考えてみる時期です。


2011/1/10


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved