ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■外交文書30年で原則公開

5月25日、外務省は「外交記録公開に関する規則」の制定と同日施行を発表しました。それは作成後、30年で自動公開を原則とし、非公開にする場合は第三者や政務レベルを関与させるものです。
官僚の判断で文書が非公開にされた現状からすれば大きな前進といえます。国民の知る権利のために、実際の運用を注視していく必要があります。また、岡田外相は記者会見で、日米安全保障に関わる部分を集中的に公開すると述べています。どのような文書が公開されるか注目していきたいと思います。


2010/5/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved