ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■インターネットによる選挙運動解禁

鳩山政権はインターネットを利用した選挙運動を解禁する公選法改正案の提出を
めざしていますが、自民党も党独自の案作りを始めたと報道されています。
4月2日には、ヤフーや楽天などネット関連企業7社が、共同で集めたインターネットを利用した選挙活動を解禁する署名約7万人分を原口一博総務相に提出しました。
日本の公選法は個別訪問の禁止やビラ配布の制限など、選挙運動の制約が多いことが国連・自由権規約委員会からも指摘されています。
国民の知る権利、国民主権の立場からも、選挙運動の制約は極力限定すべきです。


2010/4/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved