ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■オバマ大統領、核兵器の大幅削減表明

2010年3月5日、米国オバマ大統領は、核兵器の大幅削減を表明しました。
政権内でも反対意見がある中で、削減が実行されれば、米国の核戦略の前向きな変化といえます。しかし核拡散を憂慮しつつ、「核兵器の先制不使用」の宣言はせず、通常兵器の充実を述べるなど、米国の軍事力の圧倒的優位性を保つことが、世界平和を維持するという発想に変わりはないことも表明されました。


2010/3/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved