ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■年金記録の回復の基準緩和

11月25日、厚生労働相直属の年金記録回復委員会が年金記録の回復の基準緩和案をまとめました。
本来、年金記録の保存は国が責任を持つべきもので、受給申請時になって受給申請者にその証明責任を課すこと自体が問題でした。政府はさらに救済策を検討していく姿勢ですが、国民の生存権の実現を国の義務と課している憲法の立場から受給対象者の救済に全力をあげるべきです。


2009/11/27


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved