ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■事業仕分け

政府の行政刷新会議は国家予算の無駄を省く方法として、事業仕分けを行なっています。
これまでの行政の問題点に大胆に切り込むものとして、前向きに評価できます。
しかし、空母やミサイル防衛などの軍事費が対象からはずされているなどは、憲法の平和主義の観点から指摘・批判されるべきでしょう。
医療費の患者負担増などへの懸念も指摘されています。


2009/11/19


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved