ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■マニフェストと憲法

民主党政権が動き始めました。鳩山首相始め各大臣の言動が注目を集めていま
すが、長妻厚生労働大臣が障害者自立支援法や後期高齢者医療制度の廃止、生活保護の母子加算復活など、自民党政権時代の施策を覆す発言をしています。
国民主権・議会制民主主義を謳う憲法は国民の多数の意思による政治を求めていますが、政権政党のマニフェストの中で、憲法の理念に合致する事項については、特に優先的に実行されるべきでしょう。


2009/9/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved