ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■内閣府「裁判員制度に関する世論調査」

7月25日、内閣府は「裁判員制度に関する世論調査」を発表しました。
「義務であるか否かにかかわらず,行きたいと思う」が13.6%,「義務であるから,なるべく行かなければならないと思う」が57.9%,「義務だとしても,行くつもりはない」が25.9%でした。
憲法の国民主権原理を司法にも適用されるにあたり、その意義を広げ、国民の理解が促進される必要があります。国民主権は、与えられるものではありません。様々な権利の行使、改革運動などを主体的自発的に行うことによって確立するものであるといえます。


2009/7/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved