ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■自衛隊のソマリア派遣

1月28日、政府は東アフリカ・ソマリア沖の海賊対策のために海上自衛隊を派遣することを決定しました。海賊対策ですから海上保安庁が対応すべきであり、“自衛隊海外派遣、先にありき”との批判は必至です。
自衛隊の存在は「わが国を防衛する」ための「必要最小限度の実力」(政府解釈)とされ、「専守防衛」に徹することが要請されてきましたから、今後ソマリア派遣の違憲性が問われることになります。
政府は海賊対策全般に関わる法律の制定も予定しており、注視しなければなりません。


2009/1/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved