ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■田母神前空幕長の更迭

航空自衛隊のトップだった田母神前空幕長が、日本が侵略国家だったというのは「濡れ衣」とする「論文」を発表し、更迭されました。「論文」は憲法の考え方を否定する内容となっており、公務員の憲法尊重擁護義務違反として更迭は当然です。
しかし、これで一件落着とされてはかないません。
そのような人物を任命してきた政府と政治家の責任が追及されなければなりません。また、田母神氏が自衛隊員に対して憲法に反する教育や指導をしてきた事実と責任も問われなければなりません。自衛隊の実態にいまこそメスを入れる必要があります。


2008/11/19


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved