ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■日米平和・文化交流協会専務理事の逮捕

7月24日、社団法人「日米平和・文化交流協会」専務理事・秋山直紀容疑者が所得税法違反容疑で逮捕されました。
秋山容疑者は防衛商社からのコンサルタント料を脱税したとされます。日米の有力政治家が協会の理事を務めており、防衛に関わる利権をめぐる闇が指摘されます。検察庁には徹底的に捜査してもらう必要があります。同時に、国民は防衛省の政策と業務そのものにも目を向ける必要があるでしょう。名古屋高裁は今年4月、イラクでの自衛隊の活動を詳細に分析して違憲という判決をくだしました。
憲法の平和主義の考え方をふまえた国民の力が試される時です。

2008/7/29


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved