ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■災害対策

中国・四川地震の惨状を目の当たりにする中で、5月14日、政府・中央防災会議は
近畿・中部圏で直下型地震が発生した場合の被害想定を公表しました。昨年11月には、大阪などでは4万2000人の死者が予想されるという推計も公表されました。
自然災害から国民を守ることは政府に課せられた最重要課題の一つです。
軍事予算をはじめとする無駄な支出を削り、災害対策などの予算の拡充が求められます。
ところで、国民保護法の制定後、災害の避難訓練に参加したつもりだったが、有事の場合の訓練に参加させられたという声が聞かれるようになりました。国民の戦争への動員にも警戒が必要です。

2008/5/19


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved