ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■キネマ旬報2007年2月上旬号の文化映画欄に本映画の紹介記事が掲載されました。
筆者:映画評論家 渡部実氏
内容要約:
「日本国憲法が政権与党の力で改正(特に9条)されつつある現状を踏まえ、改めて第二次世界大戦後につくられた日本国憲法の貴重な存在と、現在、米国の傘下として日本が置かれている危うい軍事的状況を解き明かした長編ドキュメンタリー映画である。」

2007/1/23


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved