ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
 
監督紹介
橘 祐典(たちばな ゆうてん)
『どぶ川学級』『教室205号』『あしたの火花』『ガラスのうさぎ』『母さんの樹』など多数の劇映画の他『にんげんをかえせ』『怒りの三宅島』『住井すゑ百歳の人間宣言』など、数多くの記録映画も監督。

片桐直樹(かたぎり なおき)
『裁かれる自衛隊』『自衛隊』『トンニャット・ベトナム』『生きるための証言』『日独裁判官物語』『人として生きる』など多くのドキュメンタリーを監督、一貫して社会的問題に取り組む。

大澤 豊(おおさわ ゆたか)
『ガキ大将行進曲』『遥かなる甲子園』『ボクちゃんの戦場』『GAMA−月桃の花』『アイ・ラヴ・ピース』などの数多くの劇映画を監督、プロデューサーとして『戦争と青春』(今井正監督)『ベトナムのダーちゃん』(後藤俊夫監督)などを手がける。

 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved