ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■9条をめぐる攻防 2006年

 2006年5月には自民・公明両党が「憲法改正国民投票法案」を国会に提出し、民主党も対案を提出しました。
 9月、安倍晋三氏が首相となり、憲法「改正」を任期中に実施する決意を内外に明らかにしました。そして、防衛庁の省への昇格、教育基本法の改悪などをすすめました。
 この年、ドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」が完成し、各地で上映されるなど、安倍政権による憲法「改正」の動きに抗するたたかいも広がりました。

2013/10/09


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved