ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■9条をめぐる攻防 1989年

 1989年の昭和天皇死去後に即位した天皇は「日本国憲法を守り責務を果たす」と発言しましたが、昭和天皇大喪の礼などが政教分離原則に反する形式で行われることに批判が高まりました。
 この年の6月20日、百里基地訴訟で最高裁は、自衛隊は憲法違反であるとの住民の主張を斥ける判決を下しました。

2013/4/9


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved