ドキュメンタリー映画「シリーズ憲法とともに歩む」
 
■ここに9条!  ケニア・ナイロビ

 2001年に最初の世界社会フォーラム(WSF)がブラジルで開催されました。その開催趣旨は、世界の大企業や政治指導者が参加して開催される世界経済フォーラム (通称ダボス会議)に対抗したもので、人権の保障、平和、環境の保全を中心とし、「もうひとつの世界は可能だ(Another World Is Possible)」をスローガンに掲げています。
 2007年はケニアのナイロビで開催され、110ヶ国から66,000人が参加し、戦争放棄と武力不保持を謳う憲法九条が注目されました。
 その後、2009年にはブラジル、2011年にはダカール、2013年にはチュニジアで開催されました。次回は2015年3月に再びチュニジアで開催される予定で、参加者の募集が始まっています。

2014/09/19


 
企画:橘祐典、片桐直樹、大澤豊 
第一篇監督・脚本:片桐直樹 90分 短縮版

<成功させる会呼びかけ人代表>
小山内美江子(脚本家) 伊藤 真(「伊藤塾」塾長) 香山リカ(精神科医) 鬼追明夫(元日弁連会長)  品川正治(経済同友会終身幹事) 橘 祐典(映画監督) 辻井 喬(作家) 山田洋次(映画監督)

 
Copyright(C)2006 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved