憲法「改正」による国防軍創設を唱えた自民党・安倍政権が誕生しました。いまこそ、憲法を守るため、ともに立ち上がりましょう!
トップページ > 製作委員会からのお知らせ
 







 

製作委員会、8/9-15は夏季休業
2013年8月7日
 

 製作委員会は8月9日(金)から15日(木)まで、夏季休業となります。16日以降、安倍政権による改憲への動きのストップをかけるため、DVDの更なる普及への活動をバージョンアップします。

「井の頭沿線九条の会永福」での上映(8月24日)
2013年8月7日
 

 東京の「井の頭沿線九条の会永福」でのイベント(8月24日)でDVD「STOP戦争への道」が上映されます。 詳細はこちら。(PDF)

DVD「STOP戦争への道」を「週刊金曜日」誌が紹介
2013年7月22日
 

 「週刊金曜日」誌がDVD「STOP戦争への道」の紹介記事を掲載(2013年7月5日号)し、それを7月19日にウェブの「週刊金曜日ニュース」にも載せました。こちら

池田博穂監督インタビュー記事が「しんぶん赤旗」に掲載
2013年7月1日
 

 DVD「STOP戦争への道」の池田博穂監督のインタビュー記事が「赤旗日曜版」2013年6月30日号に下記のように掲載されました。

■一人一人の選択問われる時代
DVD「STOP 戦争への道」 監督 池田博穂さん

安倍晋三首相そっくりさんのコント集団ザ・ニュースペーパーの出演や韓国でのインタビュー。多面的な構成で、憲法と平和主義を守ろうと訴えるドキュメンタリー「STOP 戦争への道」のDVDが完成しました。監督・脚本の池田博穂(ひろお)さんは「今、一人一人の選択が問われている時ではないでしょうか」と語ります。

森田勝政プロデューサーが「しんぶん赤旗」で紹介
2013年7月1日
 

 DVD「STOP戦争への道」の森田勝政プロデューサーが「しんぶん赤旗」の「ひと」欄で紹介されました。DVDへの思いなども綴られています(2013年6月29日付け)。

DVD「STOP戦争への道」頒価を3,000円に改定
― より多く人々に観てもらうために
2013年6月27日
 

 いま、改憲を目指す自民党などの姿勢を危惧する人々の声が急速に高まっています。DVD「STOP戦争への道」の全国各地での活用も日々広がっています。
こうした状況をふまえ、DVDの頒価を10,000円から3,000円に変更します。ぜひ多くの方々にこのDVDを観ていただき、改憲反対の声を大きく広げていきたいと思います。

これまでこのDVDを10,000円でお求めいただいた方々には差額を返金させていただきます。頒価変更の趣旨をご理解いただきたく、よろしくお願い致します。

なお、DVD「STOP戦争への道」とドキュメンタリー映画「戦争をしない国 日本」15,000円の両方をセットでお求めいただいた場合、上記変更に伴い、合計18,000円のところセット価格を13,000円(税込み。送料は2つ合わせて全国一律500円)と致します。

シリーズ「憲法と共に歩む」製作委員会
代表  片桐直樹 ・ 伊藤真

「改憲問題の本質をわかりやすく映像化。仲間に広めたい」などの感想
―「STOP戦争への道」を完成披露上映(5月27日)
2013年6月3日
 
上映に先立ってあいさつする池田監督

 5月27日、シリーズ「憲法と共に歩む」製作委員会は法学館憲法研究所とともに講演会「日本の改憲問題と日韓関係」を開催し、そこでDVD「STOP戦争への道」の完成披露上映も行いました。
 講演会では韓国・平和博物館の金英丸(キム・ヨンファン)さんが講演し、強制連行され日本の地で亡くなった朝鮮人の遺骨を収集・返還するとりくみ、北朝鮮の子どもたちの生活を支援するとりくみ、などの経験を紹介しながら、東アジアの平和の構築には歴史に向き合いながら、国境を超えた人々の交流が鍵になること、日本の改憲問題も東アジアの人々との関連で考える必要があること、などを語っていただきました。
 金さんの講演に先立って上映した「STOP戦争への道」については、参加者から次のような感想が寄せられました。

「改憲問題の本質をわかりやすく映像化。仲間に広めたい」
「従軍慰安婦問題なども取り上げておりタイムリー。映像による説得の力はやはりすごい。映像の中での“日本の憲法9条は、日本だけの問題ではない”という韓国の市民の声に改めて励まされる」
「おもしろく、わかりやすかったです。たくさんの人に観てほしいです」
「要点がコンパクトにまとまっていて、見やすかった」
「今日に至るまでの(戦争への道への)経過がよくわかりました。国民は安倍自民党に騙されてはならないと強く思いました」
「海外の人々の目で見ると日本のおかれている状況がわかると思った」
「戦争の音が聞こえるラストシーンの響きが胸に残ります」
「第二次大戦後の憲法が一国ではなく多国間の関係の中でできたこと、日本国憲法もアジアの近隣諸国との約束ともいうべき、との指摘が重要と思いました。

シリーズ「憲法と共に歩む」製作委員会普及事務局

DVD「STOP戦争への道」完成! 販売開始!
2013年6月1日
 

 DVD「STOP戦争への道」が完成しました。
 憲法「改正」による国防軍創設などを掲げた自民党が2012年衆院選で圧勝し、日本が「戦争への道」に突き進もうとしているいま、9条をはじめとする日本国憲法の内容とその果たしている役割について、多くの人々と語り広げていきたいと思います。
 このDVDは約30分で、いま「戦争への道」がどこまで進んでいるのか、9条が変わるとどうなるのか、9条を守り活かす課題と展望、などを事実や証言の映像で、また安倍首相などに扮したコントなどによって、理解できるものとなっています。
 ぜひ、地域や職場で、仲間でお金を出し合いながらお求めいただき、憲法について語り合っていただく際に活用していただきたく、ご案内します。
 映像の内容・魅力はこちら。
 ご注文方法はこちら。

シリーズ「憲法と共に歩む」製作委員会普及事務局

1,000人メッセージ継続のお知らせ
2013年6月1日
 

 DVD「STOP戦争への道」の製作には多くの協賛していただき、その際に改憲問題に関わるメッセージを寄せていただき、WEBサイトで好評してきました。こちら。
このとりくみは今般の改憲への動きにも大きく影響し、安倍首相や自民党は憲法96条の「改正」を先行的に実施することを唱えていましたが、最近ではその主張をややトーンダウンさせています。今後の改憲への動きはまったく予断を許しませんが、一人ひとりの市民が「国防軍創設」などを内容とする改憲の危険性を知り声をあげていくことがその企みを阻む、ということに確信をもちたいと思います。
ついては、1,000人メッセージのとりくみは継続することとし、DVD「STOP戦争への道」の製作に協賛していただいた方に加え、DVDをご購入いただいた皆さんからのメッセージも募集し、WEBサイトで公表していくことに致します。
メール、FAX(03-3780-0130)でのご投稿をお待ちしています。

シリーズ「憲法と共に歩む」製作委員会普及事務局

 
Copyright(C)2013 ドキュメンタリー映画『シリーズ憲法と共に歩む』製作委員会 All Rights Reserved